【長編】 エス-名も無い記憶- 序@souhyouuto


【序 / / /




//序章



「悪魔だ」と、誰かが呟いた。
はっとして声がした方を振り向くと、一人の兵士が後ずさりした。

状況は良くなかった。
どうにしろ、僕は失うものがなくなったのだ。今ここで死んでしまっても、なんの未練もない。でも、そうしてどうなる。何かを達成したことになるだろうか。ファミリーを、あの人との約束を、守ったことになるだろうか。
僕は今、何をすべきなのだろうか。

体中に滝のような雨が降り注いでいた。
体から熱が奪われて、浴びた赤も溶けていく。まるで銅像になったかのような気分だ。腕の中の体温も、ゆっくりと下がり始めていた。変わらないのは、僕を囲む兵士達と銃口だけだろう。彼らは恐怖と興奮が入り混じったような瞳で、座り込んだ僕を睨みつけていた。雨に濡れた銃身は、ぎらぎらとにぶい光を放ちつづけている。

(やっぱり、あの時残ればよかったんだ)

長い間雨に打たれているせいか、思考がはっきりしない。ローブに雨が当たる音がやけに大きい。体に張り付いたローブは既に防水の機能を失っている。ぎらつく銃口が狙うのは、僕の心臓だろうか。
雨が僕の体を流れる度に、思考の欠片が流れ落ちるようだった。
ふいに、包囲が解かれた。何事かと見やると兵士達の間から、暖かそうなローブに身を包んだ、かつて師と仰いだ老人が現れた。

「シュ、ウ」

思うよりも先に、その名前が口に出ていた。シュウは眉一つ動かさなかったが、僕は混乱していた。雨に溶けていた心臓が飛び跳ねて、頭の中に取り留めのない言葉が浮かんでは消えていった。

「……、まだ生きていたのか」

そんな言葉が、しわくちゃの口元から出た気がした。
同時に青色の液体が入った小瓶が足元に投げられた。小瓶は軽い音を立てて割れ、赤い水溜りに青い歪みを作った。液体はまるで生きているかのように水面を走り、僕の方に近寄ってきた。シュウはその場から動こうとしない僕を尻目に、足早にその場を立ち去ろうとする。そういえば、シュウは雨が嫌いだったなと、頭の隅で思い出した。
兵士達も一瞬戸惑いはしたものの、銃を下げ、シュウの後について立ち去ってしまった。
この青い液体は、まだ息のある僕らを殺すためのものだろうか。止む気配のない雨の中、青い液体はついに僕のローブへとたどり着いた。じわりじわりとローブに染み込み、舐めるように布の色素を奪い取っていく。
僕は何も思わなかったが、地面に蹲るようにして倒れていた蒼が震えながら体を起こし始めた。僕は慌てて抱いていた紅の冷え切った体を横にして、蒼の震える体を支えた。その途端、紅のローブと服全体に青い液体が染み込んだ。黒かった布は、瞬く間に灰色に変わっていく。お気に入りの赤い服も、艶のあった黒髪も、老婆のように銀色になってしまった。

「ど……して……んた……」

蒼の口から出る言葉は、とてもではないが理解することはできなかった。
弱い心音と共に、地面は赤く染まっていく。

「蒼、喋らない方がいい」

そうは言ってみたものの、もうどうにもならないことぐらい蒼自信も分かっているだろう。ファミリーの中で、一番賢かった子なのだから。いつも大切そうに持ち歩いていた本は、赤と青の液体によって、二度と捲ることはできなくなってしまっていた。蒼の傷だらけの手が、シュウが行ってしまった方向に伸ばされた。シュウはもう見えない。酷い雨は、僕らの視界さえ奪っていた。
ゆっくりと、蒼の手が下ろされる。いつしか声も出なくなり、心音も微かにしか感じられなくなった。
僕のローブと服も、灰色に染まってしまった。紅の体は、まるで石像のように白く変わり果ててしまった。頬に触れると、ほろほろと砂のようなものが零れ落ちる。一体、これは何の魔法液なのだろうか。もしシュウが僕らのことを始末しようとしているのならば、もっと効果の速い魔法があっただろうに……。

「僕は、どうすべきだろう」

誰に言うでもなく、呟いた。
蒼は、いつの間にか眠りについていた。
長い、長い、この世界から逃れることのできる眠りに。
その体は紅と同じく真っ白だったが、まだほんのりと暖かさが残っていた。蒼を紅の隣に寝かせて、僕は立ち上がった。青い液体が髪の毛にまで達していたが、まだもとの色は残っていた。落ちていた蒼の本を拾い、蒼と紅の体の周りに円を描いて血を垂らす。長時間雨に濡れていたせいで、人差し指の付け根を噛むのに少し手間取ってしまった。内緒話をするようにお別れの言葉をささやくと、二人の体はゆっくりと地面に吸い込まれていく。

「ごめん……こんなことしかできなくて」

呟いた懺悔の言葉は、滝のような雨に流された。




【序 / / /

コメントの投稿

非公開コメント

Credit
Background vector created by Lembrik - Freepik.com