【中編】 リュウキン (中)@souhyouuto


/ 中 /




授業が終わって、昼メシの焼きそばパンにかぶりついて気がついた。

(……こいつ、金魚なのか……)

ひらひらした尾ひれに、どてっとした胴体、あまり上手でない泳ぎ方……、縁日にいるようなスレンダーな体系をした金魚とはほど遠いが、どうやらこの魚影の正体は金魚らしい。どう見ても全長一メートルは超えていそうだが、床を泳いでいるんだ、普通の金魚と比べるのはお門違いだろう。

(……なんで金魚にストーカーされてんだ、僕)

金魚はどこへでもついてきた。教室移動のときも、トイレに行くときも、自販機までジュースを買いに行くときも、今こうして昼メシを食べているときも、まるで自分の影のようにひっついてくるのだ。これといって実害はないのだが、どうにも居心地が悪い。

「なー、ソージ。今日体調でも悪いのか?」

サイが、無言でパンを咀嚼している僕に声をかける。
金魚は僕の足元で、焼きそばパンをガン見している……、ような気がする。さっきからこぽこぽと水音がして、エサの催促でもしているつもりなのだろうか。

「……いや、大丈夫」

僕とサイは、屋上へと続く階段で弁当を広げていた。

「……そーかい」

夏休みが始まるまでは、僕とサイと明日香の三人で、教室で昼飯を食べていた。でも明日香がいなくなってしまってからは、このあまりひと気のないこの階段で食べている。絶えることのない視線の中で食べるのは、僕にはまだ精神的に早かった。

「ま、ホントにやばかったら、保健室行けよー」

サイは一口サイズに切られた豚肉を、雑穀米と一緒に口に運んだ。じっくりとしょう油とショウガのタレに漬けられたであろう豚肉が、じりじりと油に身を焦がす匂い。じゅわじゅわと熱せられた肉汁とタレが絡まって、雑穀米に染みわたった匂い。今口の中にあるのが、一二〇円の焼きそばパンであることを呪った。

「……ソージのクラス、だいぶマシになったか?」

口の中をいっぱいにしながら、サイがもごもごと尋ねる。

「全然。……見られすぎてて、いつか体に穴開く気がする」

僕は金魚を見つめたまま答える。

「だよなー……。俺のクラスでも、すっげーウワサになってんの。ソージと明日香ちゃんと一緒に昼メシ食ってたのみんな知ってるからさー、もう質問攻めで、授業どころじゃねーもん」

僕とサイとは、高校に入ってからの友達だ。
入学式が始まる少し前、出席番号が隣だった僕に、サイのほうから話しかけてきてくれた。少し長めの茶髪に、ピアス跡を見つけたときは、あぁ、怖そうな奴に絡まれてしまったと気分が沈んだ。でも会話が進むごとに、好きなバンドやマンガの趣味が似ていてまるで前から知り合っていたような気持ちになったのを覚えている。自分のクラスにあまり馴染めず、お昼を一緒に食べてくださいと顔を真っ赤にしながら明日香がクラスに来たときも、笑って迎え入れてくれた優しい奴だ。

「…………明日香ちゃん、どうしちゃったんだろうなぁ」
「……、……分かんないよ」

明日香がどうして死んだのか、誰も分からないままだ。
でも僕は、いまだに、明日香がどこか遠くに行ってしまったなんてのが受け入れられずにいた。今だって、どこか近くに潜んでいるんじゃないかと考えてしまう。いつだって僕の後ろをついてきて、いつだって横で笑っている姿しか思い出せなかったから。焼きそばパンを咀嚼しながら、携帯を開く。明日香からのメールなんて、届いているはずもなかった。
金魚が、ちゃぷん、と尾ひれを動かした。
ぱくぱくと口を動かして、廊下に落としたパンくずを食べようとしている。

(なんだ、食べられないのか)

このストーカーの存在に、いつの間にか慣れてきてしまっていた。
金魚の影に追われるなんて経験、なかなかできるもんじゃない。そう軽く笑えるくらい、いてもいなくても差し支えのない存在だと脳みそが判断しつつあった。
催促を横目に、焼きそばパンの最後の一口をほおばる。
金魚はとぷんと跳ねて、恨めしそうに僕の周りを泳ぎ始めた。

「あ、いたいた」
「ほら、斉井くんと一緒だったでしょ?」
「ねぇ、古峰くん。ちょっといい?」

さっきまで金魚がいた床に、黒のハイソックスが現れた。目線を上げると、なんとなく見覚えのある女子が数人、好奇心でらんらんと輝く瞳で僕を見つめていた。僕に話しかけてきた女子は、名前さえ覚えていないものの、確かバレー部の次期部長で、クラスのムードメーカー的な存在だった気がする。他の女子も、確か僕のクラスのはずだ。

「あのね、古峰くんにちょっと聞きたいことがあるんだけど……、あ、ムリにって訳じゃないよ? ほんと、ちょーっと確かめたいなーってレベルだし?」

彼女らは僕の返事も待たず、互いに目配せをしながら詰め寄ってくる。
何を聞きたいかなんて、火を見るより明らかだ。
こぽこぽ、とどこからか音がした。

「……明日香のことだったら、あんまり話したくないんだけど」
「あの、ほら、槍田さん、いつもあんな感じだったから……。仲良い子、古峰くんくらいしか見つからなくって……」
「私たち、確かめたいだけなの。だから、もしよかったらだけど、ちょっとだけ話聞いてくれない? すぐ済むから。ね?」
「いいでしょ?」

彼女らが詰め寄ってくるたびに、香水のような匂いが濃くなっていく。
肺の中を占めていたショウガ焼きのしあわせな匂いが、どんどん薄れていく。

「……聞くだけ、なら」

隣でサイが、小さくため息をついたのが分かった。
彼女たちはすでにお昼を食べ終わっているらしく、僕らが食べ終わるのを待ってくれた。さっきまでおいしそうに写っていた弁当の中身が、急に色あせて見える。それでも――昨晩の残り物の詰め合わせだったとしても――、急いで噛んで飲みこんだ。
彼女らは、僕の知らないことを知っている。

「ごちそうさま」
「ごっそーさん。……な、俺も一緒に聞いていーだろ?」
「え、」
「いーじゃん、な? おーい、おまたせー」

返事を待たずに、サイが彼女らを呼ぶ。
階段横には掲示板が設置されていて、彼女らはそこに貼りだされているさまざまなクラブの部員募集ポスターを見ながら、何か楽しそうに会話している最中だった。ぱたぱたと軽い足音を立てながら近づいてきて、器用にスカートを押さえて僕らの横に座る。そしてサイと僕を交互に見て、何かを理解したようににっこりとほほ笑んだ。

(……、)
「で、ソージに確かめたいことって?」

サイがミルクティーをすすりながら尋ねる。
前から世話焼きな性格だとは思っていたが、そういえば明日香がいなくなってから、余計に僕を気遣ってくれている気がする。ありがたいような、恥ずかしいような……、実に複雑な心境だ。しばらく女子同士でもぞもぞとしていたが、意を決したのか、次期部長が口を開いた。

「……ねぇ、古峰くん。槍田さんがニンシンしてたって……ホントなの?」
「……、…………は?」

ふいに放たれた言葉は、僕の頭で消化するのには時間がかかりすぎた。
隣のサイは、僕以上にきょとんとした顔でストローを咥えている。紙パックが空気を吸って、変な音を立てた。

「なんか、ゴーカンに襲われたかなんかで、……槍田さん、ニンシンしてたんじゃないかって。誰にも相談できなくて、だから飛び降り自殺しちゃったんだって。……女子の間じゃ、そういうウワサが流れてるんだよね」
「ほら、最近ここらで不審者が出るって、センセーも言ってたでしょ?」
「あ、私たちも聞いた話だから、ちゃんとは知らないの」
「ウワサはウワサだし……ね」
「だから古峰くんに、ほんとかどうか聞きたかったの」
「ねぇ、ほんとのことなの?」
「古峰くんは、どこまで知ってるの?」

立て続けに脳ミソへと侵入してくる言葉の数々が、僕には処理できなかった。
ニンシン?
ゴーカン?
明日香が妊娠していたっていうのか?
誰とも知れない奴の子を?
だから自殺なんてしようとしたのか?
だから僕の前からいなくなったっていうのか?

「……っ、なんだよそれ!」

そんなこと、僕は知らない。知らない知らない知らない。
何で明日香がいなくなったのか、僕はこれっぽっちも知らないんだ。
こぽり、と水泡が水面を押し上げる音を聞いた。

「古峰くん……?」
「あ……、」

彼女たちの少し怯えたような瞳が、僕の心臓を突き刺す。

「……その、何にも……知らないんだ。……怒鳴ってごめん」

それだけ言い放って、その場からふらりと立ち上がった。弁当箱と紙パックを持って、階段を一段一段降りていく。クラスまでの道のりは、こんなにも長かっただろうか。ぽちゃん、と金魚が足元に戻ってきた。僕が歩く先をうまく避けながら、ゆらゆらと階段と壁を自由気ままに泳いでいる。
僕は、泣きそうだった。
明日香が死んでしまったのだと、もう僕の前には現れないのだと、現実を突き付けられてしまった。どうしていいか分からず、涙がこぼれそうになって、唇を噛む。僕は弱い。きっと彼女らよりずっと弱虫でずっと泣き虫だ。

「……ソージ! おーい、ソージってば」

にじみ出た涙をふき取って、追ってきたサイを振り返る。
お節介なサイのことだから、きっと僕の代わりに彼女らに謝ってくれていたのだろう。あまり僕に向けることのない、申し訳なさそうな表情がまだ残っているように思えたから。

「……さっきの話、あんまし気にすんなよ。どうせウワサなんだしさー」

サイは、はたはたと上履きを鳴らしながら階段を下りてくる。

「……言われなくても、分かってる」
「ならいーけど、さ」

階段を降りきったサイの足が、ちょうど金魚の頭に乗った。
とぷん、と金魚は荒い泳ぎを見せて、どうやら機嫌を損ねたらしい。床から壁へと泳ぎ、影の中に消えてしまった。見上げた階段には、もう彼女らの姿はなかった。クラスに戻るのが、少し嫌になっていた。どんな顔をして、午後からの授業を受ければいいのだろう。よく知らない女子に声を荒げてしまったのは初めてで、どうすればいいかよく分からない。廊下には、弁当箱を手に自分のクラスへと戻っていく生徒がたくさんいた。もうそろそろ昼休みが終わってしまう。サイは僕を追い越して、自分のクラスへと歩き出していた。
僕も早く帰って、次の授業の準備を――、と、歩きだした瞬間、ぱしゃっと、何かが水面から飛び出た音がした。
今までとは違うその音に目をやるも、そこに金魚の影はなかった。

替わりに、金魚がそこに浮かんでいた。

「……っ!」

黒い靄のような姿で実体化した金魚からは、溝川のようないろんなものが腐り混ざった臭いが漂ってきて、思わず手で鼻口を覆う。金魚は死んだ魚の眼をぎょろぎょろと動かして、握り拳ほどの大きな眼を動かして、僕の泣きそうな顔を興味深そうに見る。とてもゆっくりとした速度で、思考回路が停止して声も感情も出せなくなった僕の横を泳ぎ過ぎる。たゆたわせた尾ひれが、僕の鼻をかすめた。そして、とぷん、という大きな音ともに、再び壁の中の魚影へと戻っていった。
……何なんだ。
僕が一体、何をしたっていうんだ。

「おーい、ソージぃー? 昼休み終わっちまうぞー」

気持ちが悪い。
顔から血の気が引いていく音が聞こえる。目の前の世界が色を失って、白黒のドットに浸食された景色しか見えない。胸の奥がつっかえて、胃から何かが出てきそうに熱い。
サイの僕を呼ぶ声が、ひどく遠いところから聞こえた。




***

自室のベッドに倒れ込み、ぐるりと仰向けになった。
窓を開け放ったものの、まったく空気は動かない。肺の中まで入り込んだぬるい空気が、じわじわと僕の体力を奪っていく。
携帯電話が、小刻みに震え始めた。

「もしもし先生? ……あ、はい。ちゃんと家着きました……。はい、はい……すいません」

相手は、担任の先生だった。水分と睡眠をしっかり取るようにと念を押されて、電話は切れた。あの後、僕は廊下にへたり込んだまま動けなくなってしまった。全身が縫いつけられたみたいに重くて、力が全然入らなくなって、意識と体が切り離されたような感覚だった。このまま、魂が抜けるんじゃないかとも思った。息絶え絶えになった僕を、サイが保健室へと運んでくれた。
そのまま冷房の効いた保健室で寝ていたほうがいいとも思ったが、それよりも、一秒でも早く学校から出たかった。あの金魚のいる学校から離れたかったのだ。

(……考えてみれば、早退なんて初めてだ)

むくりと起き上がって、汗がしみこんだワイシャツを脱ぐ。
制服のズボンも脱ごうと立ち上がると、くらりと視界が揺れた。同時に、忘れかけていた気持ち悪さも戻ってくる。

(う……)

よろける体をベッドで支えて、ベルトを付けたままズボンを脱ぐ。重力に任せて床に投げ捨てると、下着だけの姿で、もう一度ベッドに沈み込んだ。さっきまで浮いているかと思うくらいふわふわとしていた体が、今は苦しいほど重い。こんな体で、よく家まで帰ってこれたものだと、改めて感じた。

(そういえば、付いてきてないよな……)

金魚の姿は見当たらなかった。
このままどこかに行ってくれればいいと思っていると、ぽちゃん、ぴちゃんと、遠くから小さな水音が聞こえ始める。残念なことに、ストーカーを辞めるつもりはないようだ。ベッドから手を伸ばして、床に置いたポカリを取る。冷凍庫で半分以上凍りついたポカリスエットは、僕の手のひらを容赦なく冷やしていく。一口、二口飲むも、凍っているせいか味は少し濃かった。首元に近づけると、ひやっとした冷たさと、それを追ってくる痛みが、気持ち悪さを少しだけ癒してくれた。
また携帯電話が震えた。
力の入らない手で携帯画面を開くと、サイから、ちゃんと家に着いたかといった内容のメールが届いていた。部活が終わったら、ソージの好きなプリンでも持ってお見舞いに行ってやるよと、ぴこぴこと動く絵文字満載のメールに、少し顔がほころぶ。

(……僕は、誰かに助けられてばっかりだ)

携帯画面を閉じて、枕をたぐり寄せる。シーツとの間に手を入れると、ひんやりとして気持ちがいい。それでも数秒後には、自分の体温で暑苦しくなってしまう。寝がえりをうつたびに、汗を吸ったシーツが肌にくっついて気持ち悪い。だけど、ベッドを下りて服を探して着るような体力も、気力も、僕には残っていない。

(明日香は……、明日香には、助けてくれる人がいなかったのか?)

明日香。
槍田明日香。
ボクっ子で、僕の幼馴染で、いつも朱色のリボンで髪をまとめていて――。

ちゃぷん、と、金魚がドアの隙間から飛び込んできた。
また実体化しているのではと心臓が飛び跳ねたが、どうやら大丈夫らしい。ゆらゆらと、気持ち良さそうに尾ひれを揺らして壁を泳いでいた。

(……あぁ、そうだ。……あの金魚の尾ひれの揺れ方。どっかで見たことあると思ったら……、明日香のリボンと似てるんだ)

家が近所で、親同士も仲が良かったから、ふと気がついたら一緒にいるのが当たり前になっていた。思い出やら秘密やらを、感情と一緒に共有したりして。確か小学校の頃までは、お互いの趣味とか、好き嫌いも把握していた。中学校に入って、成長とともにお互い一緒にいる時間が少なくなっていって……。
そこからだ。
僕と明日香の間に、うっすらとした壁があることに気がついたのは。

(…………あれ? 明日香って昔は自分のこと、私って呼んでなかったか……?)

とぷん、と金魚が跳ねる。
いつからだっただろうか。明日香が自分のことを、ボクと呼びだしたのは。
記憶の中のたくさんの明日香が口を動かす。僕の名を呼ぶ。どうでもいいことを嬉しそうに報告しにくる。拗ねた顔で文句を言いにくる。泣きじゃくって聞き取りづらい言葉を放つ。スギ花粉に苦しみながら冗談を言う。悲しそうな顔で、驚いたような顔で、怒ったような顔で、困ったような顔で、照れたような顔で、それでも嬉しそうな顔で――……、

「――……、あ、」

そうだ、思い出した。
ショートヘアを伸ばし始めた明日香が、今まで一緒に過ごしてきた明日香とは変わってしまったような気がして。男子は男子で、女子は女子でグループを作って分かれるのが普通だと思いこんでしまって。
僕が、勝手に、明日香との間に壁を作ってしまっていたのだ。

「…………っ」

心臓が、今一度飛び跳ねた。
実体化した金魚が、僕の真上にいる。
もう体はくたくたで、指一つ動かせない。そんな僕の上を、まるで当てつけのように泳ぎだす。ぬるりと壁から這い出して、音もなく尾ひれを左右に振って。そういえばこの金魚、僕が明日香のことを思い出すたびに近寄ってきてはいないか。

「……お前、もしかして……、明日香、なのか……?」

金魚の眼は焦点を合わすことなく、不気味に動き回っている。

「なんで……、なんで、相談してくれなかったんだ? 僕じゃ頼りなかったのか?」

ぎょろぎょろと動いていた眼が、僕の視線とかち合った。大きな眼には、怯えた僕の顔が映し出されている。

「なぁ、明日香……」

金魚に手を伸ばす。
こんなにはっきり見えているのだから、触れられると思っていた。けれど僕の右手は空をきり、そこには何の感覚も残っていなかった。ゆったりと部屋を泳いでいた金魚は、急に床へと飛び込んだ。ぱしゃん、という音とともに、部屋の影へと隠れてしまった。
もう訳が分からない。
あの金魚は、明日香ではないのか。
どうして明日香はいなくなってしまったのか。
どうしてあの金魚は僕の前に現れたのか。

「…………明日香、……お前は僕を、恨んでるのか……?」

こぽこぽと、部屋のどこからか音がした。
その音に呼ばれるように、僕の意識と体は、ベッドへと深く沈んでいった。



「ねぇ、ソージ。ソージはボクのこと、どう思ってる?」
「はあ?」

―ーあぁ、これはいつだったろう。
夏休みも半分終わった頃だっただろうか。
めずらしく明日香に呼びだされた日の記憶だ。
お互いの家から少し離れた神社に、夕方、誰にも言わずに来て欲しいとメールが届いたのを覚えている。

「ボクのことですよ。ね、好き? 嫌い?」
「っ! ……い、いきなりなんだよ」
「聞いてみただけです」
「……なんなんだよ……。……、悩みでもあるのかよ」
「んー、んんー……、どーでしょ」
「……自分のことだろ。なんで分かんないんだよ」
「ボクの心はとっても複雑なのです。……だから、ソージには分かんないですよ」
「……、なんだそれ」

あの日は――理由は覚えていないが――、あまり機嫌がよくなくて、話の本題をなかなか持ちださない明日香にイライラしてしまっていたんだ。

「……なぁ、用がないんだったらもう帰りたいんだけど」
「え、あ、……用がない、わけじゃない、けど……。えーとですね……」

おどおどと、明日香が目線を泳がせる。その動作にくっついて、リボンがひらひら揺れる。神社に来てからずっとこの調子で、いつまで経っても話は進まなくて、僕はつい強い口調で言ってしまったんだ。

「……なんなんだよ、はっきりしろ!」
「っ! ど、怒鳴らなくてもいいじゃないですか!」
「……、だったら早く言えよ」
「……うー、うぅ……」
「……、僕、帰るから」
「……、…………」

この日が、明日香と話した最後の日だったかもしれない。
メールで謝るのもなんだか違う気がして、夏期講習やらなんやらでなかなか会えずに謝れない日々が続いて……。喧嘩と呼ぶにはささいなことだったかもしれない。だけど、気まずい雰囲気を取り去るには、あまりにも時間が経ちすぎてしまった。
そのまま、明日香はいなくなってしまったのだ。
あのとき、明日香は、僕に何を言おうとしていたのだろうか。何を聞いて欲しかったのだろうか。
夢の中の僕が帰ってしまった後で、一人残された明日香が僕を見ていた。哀しそうな目で、迷子になってしまった子供のような目で、僕を、僕の向こう側で小さくなっていく夢の中の僕を見ていた。
胸がじりじりと痛んだ。
これは夢であって、記憶のねつ造でしかないのに、まるで本当に、明日香がそうしていたんじゃないかとしか思えなくなっていた。
明日香が、ふらりと歩きだす。慌ててその後を追おうとするも、体がうまく動かせない。手足は空をかき、誰かに肩を押さえつけられているかのように、その場からなかなか前に進まない。

「明日香!」

明日香の名前を呼ぶ。
振り向いてくれるだけでいい。ここに僕がいることだけ分かってくれればいい。
僕は必死に、たとえ叶ったとしても現実は一ミリも変わらないというのに、喉が張り裂けるんじゃないかというくらい強く名前を呼び続ける。

「明日香! 明日香! 僕はもう逃げないから! だから!」

明日香には僕の声は届いていない。
ふらふらと左右に揺れながら、学校の屋上の縁へと近づく。

「明日香! 嫌だ! 明日香! 僕の前からいなくならないでくれ!」

フェンスをよじ登った明日香の体は、最後まで僕の声を聞き届けることはなく、いとも簡単に重力に従って落ちた。それと同時に、急に動くようになった僕の体は地面にたたきつけられる。
べしゃりと、なにか冷たい液体が頬に触れた。

「ひっ……!」

僕の目の前には、体の半分が肉片と化した金魚が横たわっている。
叩きつけられた衝撃か、鱗がそこらじゅうに散らばっていた。ぶよぶよした腹からは、白い肉片と赤黒い内臓がはみ出していて、魚独特のぬめりを放っている。流れだした鮮血は、コンクリートの冷たい地面にじわりと黒い染みを作りだしていく。
鼻を突く生臭さの中で、ぱくぱくと、金魚が口を動かす。
僕の心音に合わせて、その肉体は微弱に痙攣する。

(……まだ、生きて…………、っ)

その真っ赤な体と地面の間から、何かが僕を見ている。
異様に大きな頭と、それと不釣り合いに小さな胴体と不完全な手足を持った、一つ眼の真っ赤な赤ん坊が僕に笑いかけている。二つの眼球が接合した一つ眼で、僕の顔を映し出している。
ぬるぬるとした脂肪質の手が、僕に触れようと伸ばされる。

「――うあぁあっ! …………あ……?」

視界に入ったのは、見慣れた天井だった。

「……、ゆ、夢…………」

僕はいつの間にか、ベッドから転がり落ちていたらしい。
ブランケットを道連れに、片足だけ残して体ごと落ちてしまっていた。
床で寝ていたせいか、少し痛む頭を抱えて、まだ重たい体を無理やり起こす。全身から、滝のように汗が流れていた。今までどうやって息をしていたのかも思い出せないくらい、乱れた息が戻らない。体を支えるためについた右手が、ぺしゃりと水に触れて、

「ひぅっ」

夢の中での出来事が頭をよぎり、情けない声が口をついた。よくよく見てみれば、床に置いたままだったポカリスエットがすっかり溶けて、水たまりを作っているだけだった。ひやりとしている頬も、きっとこの水に触れていたせいだろう。
なんだ、と胸をなでおろした。
それでも心臓は、どくどくと興奮状態にある。
嫌な夢を見た、という言葉だけでは表せない感情が、僕の中で渦巻いていた。
僕は忘れ去ろうとしていたのだ。
気づけなかったことを。
気づこうとしなかったことを。
僕は明日香に恨まれて当然じゃないか。
金魚が、とぷんと、壁から姿を現した。
鼻を覆いたくなるような臭いは消えていたが、ぎょろぎょろとした気味の悪い目はそのままだった。ゆらゆらと赤い尾ひれを揺らして、窓から差し込む夕日をてらてらと反射して輝いている。

(もし……、もしこの金魚が、本当に明日香だったら……、なにか心残りがあるってことなんだよな……)

死んでもなお、もしかしたら、金魚に姿を変えてもなお、僕に気づいて欲しかったこと。
一体何に悩んでいたのだろうか。想像もつかない。
金魚の眼がぐるりと動いて、ひくひく上下に小さく動く瞳孔が、壁に飛び込む前に僕の顔を盗み見た。

(……、いや、あんなのが明日香だなんて嫌だな)

心の底から、そう思った。





/ 中 /


制作日()

コメントの投稿

非公開コメント

Credit
Background vector created by Lembrik - Freepik.com